お腹が悪いと心も悪くなる|グッドな腸内環境を維持する方法

サプリメント

免疫力アップに

横顔

善玉菌を増やす

腸内環境を良くすることは、健康や美容に繋がります。腸内細菌は善玉菌と悪玉菌、どちらか強い方の味方をする日和見菌が住んでいるのですが、腸内環境を良くすることは善玉菌を増やすことです。善玉菌は腸の蠕動運動を活発にして便通を促してくれたり、第二の脳とも言われる腸内の環境が整うため、うつ病の改善にも効果が期待できたり、身体の外からやってくるウイルスや細菌を退治してくれたり、毎日身体の中で3000個以上も作られているガン細胞を退治して人間の身体を健康に保ってくれたり、免疫力がアップすることによって花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を改善してくれる働きがあるのです。腸内環境を整えるためには、日常生活の改善が簡単で効果があります。

乳酸菌を摂取する

腸内環境改善のためにヨーグルトを食べれば良いと言われているのは善玉菌のエサとなる乳酸菌が多く含まれているためです。エサが多ければ必然的に善玉菌が増えてくれるのですが、乳酸菌は消化のための胃酸や胆汁によって腸に辿りつくころには死んでしまっている確率が高いのです。そのため、サプリなどでは乳酸菌が腸まで生きて届くように工夫されているのですが、実際は乳酸菌は死んでしまった状態でも便の中の有害物質の量が減少したり、ガンの増殖が抑制されたというデータが発表されています。生きた乳酸菌でも死んでしまった乳酸菌でも効果があると言われているので「生きたままじゃなきゃだめだ」と難しく考えずに、乳酸菌を摂取するようにしましょう。

Copyright© 2016 お腹が悪いと心も悪くなる|グッドな腸内環境を維持する方法 All Rights Reserved.