お腹が悪いと心も悪くなる|グッドな腸内環境を維持する方法

サプリメント

腸内細菌と健康的な食生活

サプリ

腸内細菌と健康への影響

大腸の中には無数の腸内細菌が生息しています。それによって腸内環境が定められており、人によって腸内細菌のバランスが違うことによって異なる環境が整えられているのが特徴です。大きな影響を与えるとされているのが食生活であり、どのような腸内細菌が繁殖しやすいような食事をとっているかによって腸内環境が大きく変化することが知られています。その腸内環境の違いは健康に影響することもあります。腸内細菌のバランスを変えることによってメタボリックシンドロームになりやすさが変わることや、癌への罹患率が変化することが研究によって明らかにされているのです。また、下痢や便秘にも直接影響することから、腸内環境は健康とのつながりが深いのが特徴となっています。

食生活と環境改善

腸内細菌としてどのようなものが繁殖しやすいかは食生活の影響を大きく受けます。そのため、腸内環境を良くすることができる腸内細菌にとってメリットになる食事をしていくことによって健康な身体を維持していくことができるようになるというメリットがあります。その工夫としてよく行われるのが乳酸菌やオリゴ糖の摂取です。腸内細菌の中で環境を良くする方向に働くものにビフィズス菌が知られています。乳酸菌が消化されてできたものやオリゴ糖はビフィズス菌の増殖を促進する作用があるため、これによって腸内環境を改善することができるでしょう。食生活の中に乳酸菌の多い食べ物やオリゴ糖によって味付けをした食べ物を取り入れていくと健康に生きていけるようになります。

Copyright© 2016 お腹が悪いと心も悪くなる|グッドな腸内環境を維持する方法 All Rights Reserved.