お腹が悪いと心も悪くなる|グッドな腸内環境を維持する方法

サプリメント

腸は身体全体の健康を守る

男性

善玉菌を増やす食生活

最近では腸は第二の脳といわれるぐらいに、腸内環境の大切さが知れ渡っています。腸の中には善玉菌と悪玉菌が住んでいて、善玉菌が多いと腸内環境がよくなります。腸内環境がよくなると血液がサラサラになって栄養素の吸収もよくなります。悪玉菌が増えると腸内環境は悪くなって、肌荒れを起こしたりアレルギー反応を起こしたりして体調が悪化するのです。腸内環境を悪化させないためには食生活に注意が必要で、特に肉類の食べ過ぎに気をつける必要があります。肉類を食べ過ぎると腸内の消化に時間がかかり、悪玉菌が増えてしまうのです。また食べ過ぎも消化に時間がかかり、悪玉菌が増えてしまいます。腸内環境をよくするには和食が一番よいとされています。特に野菜中心の食生活が大事です。

軽めの運動とストレス解消

腸内環境が身体全体の健康維持にとってとても大事です。そのためには食生活での工夫が必要で、西欧中心の食生活よりも和食中心の食生活にすることです。また適度な運動をすることも大切です。運動することで腸の働きを活発にすることができます。軽めの有酸素運動が効果的で、ウォーキングなどが適しています。またストレスを溜め込まない工夫をすることが大事です。1日のストレスはその日のうちに解消するようにすることが必要で、例えば温めのお風呂にゆっくり浸かるだけでも解消になります。また趣味に没頭することでストレスを解消することができます。腸というのはストレスに敏感に反応するのです。なかなか食生活を改善できない場合は、複数の乳酸菌が含まれているサプリを服用するなどの工夫も必要です。

Copyright© 2016 お腹が悪いと心も悪くなる|グッドな腸内環境を維持する方法 All Rights Reserved.